鵜澤メッセージ

鵜澤メッセージ

医療法により、医療施設において使用する全ての医療機器に対し、安全管理体制の確保が必須となり、該当する医療機器については保守管理計画を策定し実施記録を保管することが義務付けられました。年々高度・専門化する医療に携わりながら、人的・時間的コストに苦慮されているご施設もあろうかと思います。
弊社は委託を受けたご施設内に常駐し、中央化した医療機器の点検や修理、保管を行い、使用する病棟や外来への貸出・回収を行っております。院内に常駐することで不具合発生時の一時対応を迅速に行うことができ、また予防的保守管理(計画的な点検や消耗品の交換等)を行うことで、より高い安全性に寄与できると考えます。機器管理システムを利用した台数管理等、弊社がこれまで培ってきたノウハウをもとに医療現場で働く方々のお力添えができましたら幸いです。

現代医療における医療機器の役割は大きくなり、特に高度医療では医療機器や設備による支援なしでは成り立たないと言っても過言ではありません。医療機器の信頼性や安全性を確保し、滞りなく治療を行える環境を整えることがより重要となりました。こういった状況の中、学生の頃より機器管理業務に興味があったこともあり、入社する前は臨床工学技士として臨床現場で働いておりましたが、専門的に機器管理業務に携わりたいと思い転職致しました。修理に関する技術やマネジメントのノウハウなど臨床現場では知り得なかったことでも丁寧に教えてくださる先輩が多く、転職後すぐでも安心して業務に就くことができました。臨床現場で経験してきたことや学んできたことを活かしつつ、技術者として活躍できるよう日々精進して参りたいと思います。

PAGE TOP